注文住宅を建てる時の費用の相場

夢の一戸建て、でも費用は現実的に

夢の一戸建て…社会的な人間の欲求

賃貸、マンション、放浪。居住形態には、いくつかの選択肢があり得ます。中でも伝統的かつ人気が高いのは「一戸建て」「持ち家」。特に、個人の要望に沿って建てられるものは「注文住宅」と呼ばれます。ここでは、注文住宅の基本として、「環境、外観、内装」についてお話ししましょう。

注文住宅とは?…住まいの三要素

「自分の家を持つ」というのは、社会的に自由な人間の、伝統的な欲求と言えます。
たとえば、古代ギリシャやローマの奴隷は自分の主人に仕え、主人の住まいにおいて起居しました。中世ヨーロッパの農奴は、自分の土地を持たず、領主等の土地を「貸与」という形で預かり、そこで生活し、その土地から得られた収穫物の一定割合を土地の本来の主に渡さねばなりませんでした。
それに対して、自由な民は、借金の返済ができなくなり破産して債務奴隷などになってしまう場合を除き、自分の財産を持っていました。その財産の代表が、土地であり、家なのです。

都市社会において、「一戸建て」は、「郊外」という概念と「中産階級」の出現に伴って、居住形態の理想となりました。
しかし、居住の在り方は、多様です。
賃貸、マンション、シェアハウス、一戸建て、仮暮らし…。
都市の居住形態として、賃貸のアパートやマンションは、一般的です。19世紀のフランス文学には、パリのアパートは、下の階ほど広く豪華で、上の階ほど質素であり、最上階の屋根裏などは、住み込みの女中や、貧乏学生がタダ同然で住まっていたと書かれています。バルザックの『ゴリオ爺さん』には、成金だったゴリオ爺さんが、娘たちによって財産をすり減らされ、持ち家を手放してアパートに越し、さらにアパートの上の階へ追いやられていくさまが描かれています。また、それと同時に、社会的なステータスは下落していくのです。

一軒家は、社会的なステータスの表示であるとともに、不動産、実体的な財産としての価値も高いです。それは、精神的、社会的な安定、安心を担保してくれるものでもあります。

ここでは、そんな一戸建ての最たる形、注文住宅について、ご紹介したいと思います。

いくらかかる?…費用と三要素

「一戸建て」も、太古の昔、あるいは孤島でのサバイバルなら、自分で一から十まで建てるしかありません。が、現代日本社会では、幸いなことに、業者さんに相談すれば、希望に沿って作ってくれます。ただし、自力で建てるのとは違って、お金がかかるのです。で、いくらくらい?

失敗談紹介…ここは注意しよう

注文住宅の三要素と、そのコストとの関わりが分かってきたら、今度は、「カタログ」をのぞいてみたり、実際の経験談や失敗談を紐解いてみたり、業者さんの話を聞いてみたりして、具体的に自分の理想とする住まいを、現実的なものとして捉えていきましょう。あなたの夢の一戸建てを、実現するのです。

TOPへ戻る